飲みに行った居酒屋のあと

00

こちらは先月のクリスマスは3年年下の旦那と過ごしました。

主人は前年の1月にこちらがたまたまともだちの飲みに行った居酒屋ちゃんの隣で飲んでいた、旦那民族の独自だ。

こちらは前の恋の終わりに落ち込んでいて、少なく気持ちを切り替えて、次の恋に向かおうとしていた状況でした。

横の旦那陣が声をかけてきてくれ、一緒に飲み込むことになりました。
はじめは全然若い人たちと思いましたが、双方お酒の思いの丈もあったので一緒に呑むことにしました。

潤沢話をしていると、連中はそれほどストレートでなんとなく美しく思いました。

そんなとき、急にその一番大人しそうな主人に電話を引っかかると言われました。

こちらも飲んでいたので、小気味よい感じでラインを言いつけました。

そしたら個人的に連絡を取り取り掛かり、何かと話しているという、誠に3年年下ではありますが、おんなじ年齢で、他にも各種ところで共通点があり、丸ごと開きが近づき、スパンも無くお付き合いをすることになりました。

こちらは仕事柄、人の用心をするのが隠れ家で、年下の主人にも思わず尽くしてしまうが、先月のクリスマスでは…今まで見たことない男らしさを感じました

こちらが気にしている生まれ差を捉え止める頼もしさでした。主人からまさかのプロポーズ。

リングを急に渡され、それぞれをこれから先、絶えず永遠に守っていきたいだ。結婚して下さいと。

こちらは短時間、何が何だか分からなくなりましたが、結構嬉しく、主人にぎゅーって抱きつき、ウェディングをコミットメントしました。

こうしたクリスマス、ほんとうに初めてでしたし、今まで生きてきて最高峰、幸せな瞬間をクリスマスで感じ取ることができました。

最高のクリスマスキャンペーンになりました。

http://www.scrantonrtg.com/