2人ともロマンチストで燃え上がりデート

999

こちらといった彼氏は、昨今同棲を通じていてお財布が一緒です。

来季にアメリカに旅行する心づもりがあるので、それまで利益は縮小内だ。

いまだに付き合って年間半年で、2人で暮らすクリスマスは、2回視線。

両者ともロマンチストなのでクリスマスくらいはどこかに出掛けたくて、安くて状況の良さそうな周辺をひと月前から絶えず調べてました。

それでもクリスマスとなるとどこも総額が張り、状況のいいバーや食堂は普段のダブル始める周辺ばかりでさんざっぱら段取りを決めるという思いにはなれません。

なので、いつもより豪華な食事を作って家でTOPパーティを決める!に関してになりました。

豪華な食事って豪華なスイーツの代わりに、クリスマスプレゼントは諦める!という宣誓で。

クリスマスプレゼントをもらうよりは美味しいご飯が食べたかったこちらは、迷うこともなく素晴らしいスイーツを予約してクリスマス今日は2人でデパートに行き、夜更け食事の買い出しに行きました。

クリスマスといえば、鶏肉!から鶏牛乳肉を買って、テリヤキチキンって塩気胡椒で味付けしたチキンをつくり、おまけにサラダというかぼちゃシチューも作って、スパークリングワインで乾杯。

縮小ライフスタイルで普段は両者して質素な小物ばっかり食べていたので、ひどくリッチでおいしかっただ!

食事を食べ終わり、ケータイでツイッターを見ていたら、彼女からのプレゼントのニュースをあげて掛かるキッズがたくさんいて、すこしプレゼントがないことに物寂しい心地を抱きましたが、でもスイーツを食べれるのは幸せ!と思いきかせ、予約していたエンターテイメントだったスイーツを開けると、誠にスイーツが崩れてしまっていてガラリクリ2つに割れていました

マキシマム楽しみにしていたこともあったので著しく落ち込みました。
落ち込ん出るこちら放置でウォークインクローゼットの要約をしている彼女から話し掛けられて、不機嫌みたいに答えたら、コイツ、プレゼントとリビドーロゼをくれました。

見覚えのないピンク色の良い手提げ袋が目の前に。

お財布はこちらが管理しているので絶対に入れかえるはずがない小物なのに、ずっと前から利益を独自で貯めてクリスマスプレゼント限定にとっといてくれた系統でした。

クリスマスプレゼントはないとしていたので、スイーツが範疇ひずみしてる態度なんて皆目忘れて思い切りよろこびました!

嬉しいクリスマスでした。